背中の保湿ケア方法

標準

背中ニキビ予防、あるいは既に発症状態のケアに際しての注意点は、非常にシンプルであり、確実かつ継続的な実践が求められます。入浴時に背中に過度な刺激を与えぬ方法で生活に洗い流し、優しく身体を拭いたら直ぐに保湿する、この1点がポイントです。入浴から身体を拭いた状況下、私達の皮膚の表面からは一時的に急速に水分が失われ、一時的に乾燥肌状態に近づきます。この状況が長時間とならぬよう、速やかに保湿剤を塗布する事が大切です。

しかし背中は私達の手が最も届き難く、必ずしも第三者の手を借りられるとは限りません。こうした背中へのクリーム類塗布用のアイテムが市販されていますが、自在に操るには相応の経験値が求められます。身体の硬い方や柔らかい方など、ご自身の手の可動範囲に応じ、自身にとって迅速確実な塗布が叶う方法を模索から実践する作業も欠かせません。

また就寝時に身に纏うパジャマ類の布の質にも意識を向けられる事をお薦めします。繊維が硬く大まかな材質の場合、仰向けで就寝中に自身の体重が患部にかかり、繊維と擦れてしまう事が無用な刺激に繋がるリスクが想定されます。皮膚に優しい材質の寝具の選択もまた、間接的な背中ニキビケアに影響します。

重要なアイテムの選択

標準

私達の肉体には当然個人差が見られ、それは背中の皮膚に関しても同様です。私達の皮膚の保湿効果を担う物質として、セラミドが挙げられますが、体質によって豊富に有される方も見られる一方、平均よりも少ない方々も見られ、アトピー発症に繋がる乾燥肌になりやすい傾向が確認されています。

一方現在市場には数多くの保湿剤が流通しており、各製造販売元が謳う商品説明や効能だけでは、果たしてどのアイテムが自身の体質にマッチしているのか、俄には正確な判断が難しいのが現状です。更には口コミサイトなどの信憑性に疑問符が否めぬ無数のコメントが、更に判断を混乱させる展開も避けられません。

こうした状況下で優先すべきポイントはやはり「安全性」に他なりません。まずはオイルフリー製品への着目がお薦めで、油分を含む製品は背中ニキビへの悪影響が想定されます。次に低刺激、無添加の製品の中からのチョイスも重要です。既に背中ニキビが発症している状態に刺激の強い保湿剤は逆効果ですし、鮮やかに着色された製品も着色剤が患部に及ぼす悪影響のリスクが無視出来ません。背中ニキビや気づかぬ背中の皮膚についた傷に、無用な刺激を届ける可能性が見られるアイテムは、原則回避すべきだと覚えておきましょう。