背中の保湿ケア方法

標準

背中ニキビ予防、あるいは既に発症状態のケアに際しての注意点は、非常にシンプルであり、確実かつ継続的な実践が求められます。入浴時に背中に過度な刺激を与えぬ方法で生活に洗い流し、優しく身体を拭いたら直ぐに保湿する、この1点がポイントです。入浴から身体を拭いた状況下、私達の皮膚の表面からは一時的に急速に水分が失われ、一時的に乾燥肌状態に近づきます。この状況が長時間とならぬよう、速やかに保湿剤を塗布する事が大切です。

しかし背中は私達の手が最も届き難く、必ずしも第三者の手を借りられるとは限りません。こうした背中へのクリーム類塗布用のアイテムが市販されていますが、自在に操るには相応の経験値が求められます。身体の硬い方や柔らかい方など、ご自身の手の可動範囲に応じ、自身にとって迅速確実な塗布が叶う方法を模索から実践する作業も欠かせません。

また就寝時に身に纏うパジャマ類の布の質にも意識を向けられる事をお薦めします。繊維が硬く大まかな材質の場合、仰向けで就寝中に自身の体重が患部にかかり、繊維と擦れてしまう事が無用な刺激に繋がるリスクが想定されます。皮膚に優しい材質の寝具の選択もまた、間接的な背中ニキビケアに影響します。

重要なアイテムの選択

標準

私達の肉体には当然個人差が見られ、それは背中の皮膚に関しても同様です。私達の皮膚の保湿効果を担う物質として、セラミドが挙げられますが、体質によって豊富に有される方も見られる一方、平均よりも少ない方々も見られ、アトピー発症に繋がる乾燥肌になりやすい傾向が確認されています。

一方現在市場には数多くの保湿剤が流通しており、各製造販売元が謳う商品説明や効能だけでは、果たしてどのアイテムが自身の体質にマッチしているのか、俄には正確な判断が難しいのが現状です。更には口コミサイトなどの信憑性に疑問符が否めぬ無数のコメントが、更に判断を混乱させる展開も避けられません。

こうした状況下で優先すべきポイントはやはり「安全性」に他なりません。まずはオイルフリー製品への着目がお薦めで、油分を含む製品は背中ニキビへの悪影響が想定されます。次に低刺激、無添加の製品の中からのチョイスも重要です。既に背中ニキビが発症している状態に刺激の強い保湿剤は逆効果ですし、鮮やかに着色された製品も着色剤が患部に及ぼす悪影響のリスクが無視出来ません。背中ニキビや気づかぬ背中の皮膚についた傷に、無用な刺激を届ける可能性が見られるアイテムは、原則回避すべきだと覚えておきましょう。

ニキビ発症の流れ

標準

既にご存知の方も大勢いらっしゃるかと思いますが、自身でニキビケアを実践するに際し、今一度私達の皮膚上にニキビが発症するまでの一連の流れ、すなわちメカニズムを確認しておきたいと主増す。

ニキビは私達の毛穴に余分な皮脂が詰まり、その部分が雑菌に因って化膿する事で赤く腫れ上がる症状です。私達の皮膚の表面には適量の皮脂の存在が必要であり、これが外部から付着する汚れが体内に浸透するのを防ぎ、皮膚の表面から水分が過剰に蒸発するのを防ぐなど、重要な働きを担っています。このためいわゆる乾燥肌状態の兆候が見られれば、皮脂は水分蒸発を防ぐべく、通常よりも過剰に分泌され始め、結果皮膚上は一時的な皮脂過多状態となります。

この状態が継続すれば、自ずと毛穴に余分な皮脂が詰まってしまい、新たな皮脂が皮膚の表面上に分泌されぬのみならず、古く汚れた皮脂がニキビ菌によって化膿しやすくなり、ニキビ発症へと繋がる、これが一連の流れです。このように肌のバリア機能の低下がニキビを招き、それは背中ニキビに関しても同様であり、このメカニズムを正しく理解から、適材適所の保湿対応を通じ、常に適量の皮脂がコンスタントに分泌され、余分な皮脂が残存しない環境を整えねばなりません。

ニキビケアを実践する

標準

直接自身での目視確認が難しい背中ニキビは、しばしば初期症状を見逃しがちです。結果違和感が確信に変わった段階、あるいは第三者からの指摘で初めて気づくケースも多く、そうした経験あら慌ててケアに勤しまれた経験をお持ちの方も、皆様の中にいらっしゃるに違いありません。

直接患部に手が届かない、鏡写しでなければ患部の症状が確認出来ないなど、背中は私達にとって「視覚」である一方、気づかぬうちにトラブルを発症しやすい部位である皮肉な現実が存在します。特に冬季に乾燥肌状態が慢性化からザラザラになった状態を、春から夏のワンピースや水着の季節までに回復させるのは難しいケースも多く、四季を通じての背中のスキンケアが求められます。

背中ニキビの予防には保湿が欠かせぬ事は、多くの方々の基礎知識として周知されています。ですがこうした漠然とした予備知識にとどまらず、なぜ保湿が重要なのか、背中ニキビが発症してしまうメカニズムはどのようになっているのかなど、正しく理解した上での実践あればこそ、更なる効果が期待されて当然です。更には保湿効果をより適正に保つべく、直接的な保湿以外に注意すべき日常生活習慣など、見直しを要するポイントも数多く存在しています。

ここではご自身で日々実践する背中ニキビケアにスポットを当て、正しい保湿プラスアルファで実践をお薦めしたいノウハウをご紹介申し上げます。スキンケアといえば評判の化粧水などの保湿剤を用いた皮膚への塗布に意識が特化しがちですが、それだけが全てではありません。間接的に大きなプラスの効果、あるいはマイナスの影響に繋がるポイントからも目を逸らしてはなりません。